リグレ美容液を実際に使用した感想を辛口口コミレビューします!

      2019/03/23

リグレを3ヶ月使ったレビューをします!

年齢を重ねるとどんな女性でも陥る年齢肌トラブルに、幹細胞エキスの力でお悩み改善にアプローチしてくれる美容液「REGRE(リグレ)リンクルセラム」。

 

今回は40代主婦の私が、そんなリグレを実際に試してみた結果と、使用後の感想などについてレビューしていきたいと思います!

リグレの口コミへ

リグレを購入したきっかけ

リグレを購入してみました

リグレは人間の真皮細胞に働きかけ、お肌本来が持つコラーゲンヒアルロン酸エラスチンなどの美肌に必要な成分を引き出してくれる商品だそうです。

 

私も30代後半を過ぎてからシワやシミ、たるみなどが気になりだし、お肌の力が低下しているなと感じていたので、今回このリグレを試してみることにしました。

 

ちなみに、私はアレルギー体質であるため、アレルギーが起こりにくいとされるヒト幹細胞エキスが使用されているのも、リグレを購入する決め手の一つとなっています。

解約保証付きで購入できました!

リグレを実際に使用したレビュー

リグレの商品パッケージ

見た目

リグレの外箱や中身のボトルには高級感があって、何だかそれだけでも効果が高そうでワクワクします。

 

ボトルはかなりスリムなので、保管する時に化粧ポーチなどにかさばらずにしまっておけたのも良かったです。

 

ただまあ、ボトルがコンパクトな分中身は割と少なめ(30ml)なので、最初はこれで1ヶ月保つのか少し不安でした。

香り

リグレはほぼ無臭で、特にいい匂いなんかはしませんでしたが、私は普段から無香料のコスメを利用しているので、嫌な感じは無かったです。

手触り

リグレの薬液を手のひらに出した時点では、テクスチャはプルプルとしていて、若干の粘性がある感じでした。

 

でも、顔に伸ばすとお肌にスッと馴染み、リグレを使い終わった後はサラサラとして肌感で、非常に使い心地が良かったです。

 

おでこや小鼻などの皮脂の多いところもテカりにくかったですし、リグレは混合肌や脂性肌の人でも問題無く使えるのではないかと思います。

成分の効果

幹細胞エキスの効果

最近話題の幹細胞エキスには、お肌本来のコラーゲンなどの生成能力を高める作用があるそうです。

 

確かに私もリグレを使い始めてからは、保湿化粧品を使用していなくてもしっかりとしたお肌の潤いを感じます。

ラ・フローラEC-12(乳酸菌)

リグレを使う前は「何で化粧品に乳酸菌なの?」と不思議に思っていましたが、実際に同品を使用してからは、お肌の調子がどんどん良くなり、お肌が強くなってきたように感じます。

 

私は元々敏感肌で、化粧品が合わなかったり疲れが溜まったりすると、すぐ肌荒れやニキビとして顔に出てしまっていましたが、最近はそういったこともほとんど無くなっています。

使用して1週間後:お肌の潤いが続くようになった

以前は夜に保湿化粧品を使っても、翌朝起きた時にはお肌がバリバリに乾いてしまうことが多かったです。

 

しかし、リグレを使い始めて1週間くらい経つと、少なくとも同品を使用して半日以上はお肌の潤いが持続するようになりました。

 

リグレを夜使用して寝れば、翌朝もお肌がしっとりプルプルなので、化粧ノリなんかもかなり良くなってきた実感があります。

1ヵ月後:シワが薄くなってきた

リグレは使用する前は、目元と口元に乾燥小じわが無数にあり、特に口元のシワは化粧で隠し切れないほど深いシワとなっていました。

 

リグレを使い始めて1ヶ月くらいで、目元のシワはほとんど判らないほど目立たなくなり、口元の深いシワも化粧で隠せるくらいには薄くなってきました。

 

シワが消えたと言っても、お肌が引っ張られてシワが伸びたという感じでは無く、何となくお肌の内側からグッと持ち上げられているような感じで、見た目にも顔がふっくらしたように見えます。

2ヵ月後:小さなシミが目立たなくなってきた

私の頬には、小さなシミや色の薄いそばかすが沢山あったのですが、リグレを使い始めて2ヶ月ほどでそういったお肌の色素沈着も少しずつ目立たなくなってきました。

 

ただ、真っ黒な濃いシミは幾つか残っているため、もう少し様子を見ながら継続していきたいところです。

 

ちなみに、この時点で改善されたシミやそばかすは、薄茶色で直径1~2mmくらいの大きさの物で、それ以上の物は少し色が薄くなってきたかなという程度でした。

3ヵ月後:顔色がトーンアップ&たるみが改善されてきた

リグレを使い始めて3ヶ月の時点では、直径3mm以上の黒いシミもナチュラルメイクで隠せる程度に改善され、くすみも消えてお肌に透明感を感じるようになってきました。

 

また、以前はお肌の乾燥によってお肌が硬くなり、ゴワゴワとした感触だったのも、柔らかくモチモチとしたハリのある質感に変化してきたように感じます。

 

さらに、お肌にハリが生まれたおかげで顔全体がリフトアップされたことで、ほうれい線頬のたるみが消え、顔全体の印象も若々しくなってきたのでなないかという印象です。

 

最安値で購入できました!

 

リグレの効果的な使い方をレビュー

リグレで肌ケア中!

使い方

化粧や皮脂汚れを洗顔で丁寧に落とす。

②洗顔後すぐに化粧水で保湿をする。

リグレを片方の手に1~2プッシュ取る。

④もう片方の手で10秒ほど薬液を挟んで温める。

⑤顔にリグレをつけ、手のひらで馴染ませる。

⑥必要であれば保湿クリームなどを塗る。

 

私がリグレの効果が最も引き出されていると感じたのは、上記のような手順で同品を使用していく方法です。

 

基本的には朝晩の1日2回を目安に、必ず洗顔後のお肌に使用していくようにしましょう。

効果的な使い方

リグレの有効成分のほとんどは、毛穴を通してお肌の内部へと浸透していきます。

 

なので、私がリグレを使う時はお風呂でしっかりと身体を温めて、毛穴が全開の状態で使用するようにしていました。

 

朝などは、蒸しタオルで顔を温めてからリグレを使用すると、保湿成分がお肌の奥にまで届いて保持されるので、1日中お肌の潤い感を持続させることができていましたよ。

使う時の注意点

お肌を強く擦らないこと

リグレはお肌への負担を減らし、健やかな肌環境を整えていくための商品なので、余計なお肌への刺激を避けるためにも、リグレを顔につけた後のパッティングなどは避けた方が良いでしょう。

 

なお、リグレはとてもお肌に馴染みやすいので、パッティングをしなくても、手のひらで軽く抑えるだけでスッと浸透してくれましたよ。

リグレの最安値の購入方法をレビュー

楽天で検索しました

リグレを楽天で検索してみました

現時点では、楽天にリグレは置いてありませんでした。

 

私は楽天カードを持っているので、ポイントを貯めるのに良いかなと思っていたのですが、置いていないものは仕方無いですね。

 

ただまあ、他の通販化粧品の例を見ても、楽天で購入するのが最安値という物はなかなか無いので、もし販売されていたとしても値段はちょっと割高になってしまう気がします。

Amazonで検索しました

リグレをAmazonで検索してみました

楽天でリグレが購入できなかったので、続いてAmazonで検索してみたものの、やはりこちらでも同品は販売されていませんでした。

 

しかし、Amazonは化粧品の定期購入できない場合が多いので、もし買えたとしても実際に申し込んでいたかは微妙なところです。

公式サイト 楽天 Amazon
値段 初回2980

2回目以降12000

取り扱いなし 取り扱いなし
返金制度はある? なし なし なし
解約の条件 4回縛りがあり。合計38980円。

**日前に電話で出来る

→リグレの解約の仕方はこちら

なし なし

現在、リグレを最安値で購入できるのは、同品の公式サイトから定期コースで申し込む方法です。

 

定期コースなら、初回1ヶ月分を1日あたり49.6円、2ヶ月目以降は1日あたり200円で続けられるため、どこよりもお得にリグレをお試しできるんです。

 

ただし、この価格は期間限定のキャンペーンとなっているため、購入される場合はちょっと急いだ方が良いかもしれません。

最安値で購入できました!

 

リグレの注目成分と効果

リグレのパッケージ裏

ヒト幹細胞エキス

リグレにはヒト脂肪由来幹細胞ヒト繊維芽細胞由来幹細胞の2種類の幹細胞エキスが配合されています。

 

ヒト幹細胞エキスには、お肌の組織再生を担う成長因子(EGF/FGF/VEGF/TGF-β/PDGF)が豊富に含まれていて、お肌本来の保湿力、抗酸化力を引き出す効果があるそうです。

 

対して、植物由来幹細胞にも同様の効果があるものの、やはり人体とは全く違う成分なので、人間のお肌には形状(レセプター)が合わず、美肌効果を最大限に発揮するのは難しいとされています。

 

それに比べ、ヒト幹細胞は人間の細胞から作られた成分であるため人間のお肌への親和性が高く、私の場合はわずか3ヶ月でシワやシミ、たるみなどの改善を実感できました。

ラ・フローラEC-12

効果:表皮ブドウ球菌活性化肌環境改善

 

我々人間のお肌には表皮ブドウ球菌という善玉菌が常住していて、お肌を健康に保つ働きをしてくれています。

 

しかし、お肌の乾燥や加齢によって表皮ブドウ球菌に必要な栄養が不足してしまうと、表皮ブドウ球菌の数が減り、それによって肌トラブルを引き起こす雑菌が繁殖しやすくなってしまうんだとか。

 

正直、私はお肌の菌バランスなんて考えたことも無かったのですが、確かにリグレを使い始めてからは肌荒れや大人ニキビができてしまうことが少なくなりました。

 

恐らくこの結果は、乳酸菌が表皮ブドウ球菌の餌になることによって、お肌の菌活が行えたからなのでなないかと思っています。

リグレの全成分表

成分名 どんな成分?どんな働きをするの?
 ヒト脂肪由来幹細胞培養液  肌環境の改善、肌本来の保湿力を引き出す、アンチエイジング
ヒト繊維芽細胞由来幹細胞  肌環境の改善、肌本来の保湿力を引き出す、アンチエイジング
ラ・フローラEC-12  肌環境の改善、お肌本来の抵抗力や再生力を引き出す
ヒアルロン酸Na  保湿作用、お肌のハリ・キメを整える、お肌の抵抗力アップ
加水分解ヒアルロン酸  通常のヒアルロン酸よりも浸透力が高い
水溶性コラーゲン  お肌のハリ・キメを整える、通常の物よりも保湿効果が高い
プラセンタエキス  血行促進、お肌の柔化、お肌の弾性繊維を育てる、抗酸化作用

リグレの危険性や副作用について

リグレを使ってトラブルが発生した人のイメージ

危険性

  • 顔が汚れていると雑菌が繁殖し、ニキビなどを引き起こすことがある
  • パッティングなどでお肌を傷付けてしまう危険性がある

ニキビができた時の原因と対処法

私も実際に経験した事ですが、リグレを使用する時にお肌に余分な皮脂汚れメイク残りがあると、その上から水分で蓋をしてしまうことになり、毛穴などには雑菌が繁殖してしまいやすくなります。

 

それによってお肌が炎症を起こし、ニキビや肌荒れとなって表に現れてしまうことがあるため、同品を使用する際は必ず洗顔後に使用していかなければいけません。

 

リグレはただ顔に塗るだけで簡単に使用できますし、個人的には同品そのものよりも、それ以前の洗顔に重きを置いてスキンケアを行うのが大切なのではないかと思います。

お肌に負担をかけない使い方とは

私も最初は、リグレを使う時にパッティングをしたりしていたのですが、それを見た友人のエステティシャンにダメ出しをされてしまいました…

 

彼女の言うところによれば、リグレのような浸透性の高いコスメは、仕上げはパッティングでは無く手のひらで軽くプッシング(押さえる)のが効果的なんだそうです。

 

年齢肌トラブルを抱える女性のお肌は非常にデリケートなので、リグレもできるだけお肌への負担を軽減しつつ、上手に使用していきたいところです。

副作用の心配

  • 白斑(お肌の白抜け)が起きてしまわないか?
  • どんな安全性の高い成分でもお肌に合わないという人はいる

本当に白斑は起こるの?

私が医療系サイトや皮膚科医の解説などをまとめてみた限りでは、リグレに含まれる成分でで白斑が起こる危険性は無いようでした。

 

この理由としては、白斑の原因となるのはハイドロキノンなどの漂白剤成分なのですが、リグレにはこのような漂白作用は含まれていないためです。

パッチテストをしよう

リグレの成分表示を見てみると、同品には保存料着色料などのお肌に負担をかける添加物は含まれていませんでした。

 

また、ヒト幹細胞エキスや乳酸菌はアレルギー治療にも用いられている成分でありアレルギーが起こりにくい成分とされているそうです。

 

ただ、やはり成分がお肌に合う・合わないという問題はあるため、リグレを使用する際にも、事前にパッチテストを行っておくのが良いのではないでしょうか。

リグレの販売会社情報

リグレをAmazonで検索してみました

会社名 株式会社e.Cycle(サイト名ERFLE)
住所 東京都渋谷区渋谷2-12-4ネクストサイト渋谷ビル5F
連絡先 0570-010-500
メール support@erufle.jp
公式サイト http://erufle.jp/
代表者 中谷 裕一
資本金 300万円

 

最安値で購入できました!