目元とまつ毛のご褒美の効果的な使い方

      2019/10/04

 

目元とまつ毛のご褒美の効果的な使い方

目元とまつ毛のご褒美は目元の乾燥とまつ毛育成効果のあるアイクリーム

 

保湿効果を高めることでシワやたるみを軽減したり、豊富なビタミンC誘導体が紫外線のダメージから守ったりメラニンの生成を抑えるなどアイケア全般を行ってくれる万能クリームなんです。

 

スキンケアはしてるけど目元を気にしてアイクリームを使っているという人は少ないのではないでしょうか?

 

使ったことがない人はいつ、どんな風に使っていいか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は目元とまつ毛のご褒美の使い方・効果的な使い方について徹底調査してきました!

目元とまつ毛のご褒美の一般的な使い方

目元とまつ毛のご褒美の一般的な使い方

洗顔・スキンケア後朝夜2回で使います。

 

米粒大(長さで言うと1~1.5cm)程度を指先に取って両まぶた、両目元に塗ります

 

塗る方向は目頭から目じりにかけて、力を入れずにマッサージをするような感じで塗ってください。

 

力を入れすぎるとまぶたを傷つけてしまったりまつ毛が抜けてしまう恐れがありますので気を付けましょう。

すぐに化粧はしないように!

朝使用したらその後に化粧をする人がほとんどだと思います。

 

目元とまつ毛のご褒美を塗ったあとすぐに化粧をするとせっかく塗った成分がまだ浸透していなく効果が半減油分のせいで上手く化粧が乗らないことがあります。

 

成分が浸透するにはだいたい10分~15分程度、何もせずに放置するのがベストです。

 

朝は忙しいかもしれませんが浸透するまで我慢しましょう。

目元とまつ毛のご褒美のさらに効果的を得る使い方

目元とまつ毛のご褒美の効果的な使い方

目元のマッサージ方法

マッサージするように塗る、と書きましたが実際にどのようにマッサージしていいか分からない人も多いと思うのでマッサージ方法について紹介いたします。

 

マッサージをすることで浸透力が上がり、血行促進効果をサポートして効果をUPさせるなど効果的なものなので是非取り入れてみてください。

目じりのマッサージ

目じりのシワやたるみを気にしている人にオススメの目じりマッサージ。

 

目元とまつ毛のご褒美を塗った後に重ね塗りをして少しベタつく感じにしてください。

 

その後、片方の手をピースサインをするような感じシワを伸ばし、もう片方の手で伸ばした箇所を円を描くようにクルクルと優しくマッサージ。

 

成分がより浸透し、硬くなった肌を柔らかくしシワ・たるみを軽減してくれます。

むくみ、クマを改善するマッサージ

目が疲れて、寝たのに目がむくんでる・クマが出来ていた経験はありませんか?

 

血行の悪い状態で寝てしまうと疲れが取れずに翌日まで持ち越されてしまっているんです。

 

そんな疲れた目元に効果的なマッサージ方法です。

 

目を閉じた状態人差し指・中指・薬指の3本を使って

 

・まぶた=眼球と骨の間

・目元=涙袋の部分

 

この部分に指の腹を当て、軽く押し付けます

 

ハンドプレスの要領と同じ感じで肌に押し付け浸透力UP、弾力UP、血行UPさせ、疲れをその日のうちに消し去ってしまいましょう。

 

夜・寝る前に行ってみてください。

塗る前にクリームを馴染ませると浸透力UP

手に出したクリームをそのまままぶた・目元に塗ってもいいのですが、寒い冬場なんかはクリームが冷えてしまっていますよね。

 

冷えた状態のままだと肌の温度と差があり、なかなか肌に吸収されません

 

手の甲などにクリームを出した後、指で少しクルクルと馴染ませて温めてから塗ると肌の温度と近くなるため浸透力がUPします。

正しく使った結果

目元とまつ毛のご褒美を正しく使ったレビュー

目元が明るくなった

普段からパソコンを使うことが多く、目の疲れ、クマがあり化粧でカバーしないと重たい目元だったのですが使い始めて1カ月した頃からクマが軽減されふっくらと明るくなりました

 

ハリが出たことで涙袋が綺麗に見えるようになりパッチリとした目になりました。

目元が常に潤ってる!

頬や口周りの乾燥には気を使っていたのですが、目の周りのケアは難しく乾燥していると思っても普段のスキンケアだけで済ませてしまっていました。

 

目元とまつ毛のご褒美は保湿力が優れているので寝る前に塗ると翌日までしっかりと潤ってくれて、肌に馴染んでいるんだなと実感しました。

 

アイシャドウのノリも良くなり夕方になっても重たい目にならなくなりました

要注意!このような使い方はダメ!

目元とまつ毛のご褒美の間違った使い方に注意!

直接まぶたにクリームを塗らない!

面倒だからと言って直接まぶた、目元にクリームを塗らないようにしてください。

 

クリームを出し過ぎてしまったり、均等にクリームが塗れなかったり、目に入ってしまう危険性がありますので必ず一度指や手に取ってからまぶた・目元に少量ずつ塗ってください。

使う順番を守って!

洗顔してすぐに塗った方がいいと思って化粧水などのスキンケアをする前に使用してしまうのは効果を半減させてしまう間違った使い方です。

 

アイ「クリーム」ですので油分があります

 

整っていない肌に直接塗っても馴染みが悪く、成分は上手く浸透しません

 

ですので必ず塗る前のスキンケア(化粧水や美容液など)が必要になります。

 

洗顔 → スキンケア → 目元とまつ毛のご褒美

 

順番をしっかりと守って使用してください。

※アイクリームによって使い方が異なる場合があります。

安全に最安値で購入できました!