ひとえじゃなかったらの使い方と二重になるコツ

      2018/09/27

毎朝晩つけるだけで二重にクセ付けできる二重美容液がひとえじゃなかったら

 

モニターでは99%以上の人が二重のクセ付け効果を実感したという驚きの二重美容液です。

 

そんなひとえじゃなかったらは、どのように使えばよいのでしょうか?また、注意したいポイントは?

 

購入前にチェックしておきましょう!

 

定期購入の解約の方法をまとめました!

ひとえじゃなかったらの解約の手順>>

 

ひとえじゃなかったらの一般的な使い方

まずは、ひとえじゃなかったらの一般的な使い方です。

ひとえじゃなかったらはいつ使う?

ひとえじゃなかったらは、夜間と日中のどちらも使う方が二重のクセ付けがしやすくなるそう。

 

ぜひともチャレンジしたいですね。

 

夜間は寝る前でもよいですが、お風呂上がりの汚れていないお肌につけると長持ちしますよ。

 

日中はメイク前にサッと使うと目立たずキレイに二重をキープすることができます。

ひとえじゃなかったらの使い方は?

ひとえじゃなかったらの使い方は次の通りです。

手順① メイクやお肌の脂をオフ

ひとえじゃなかったらは、お肌に何かついていたり汚れている状態では接着力が落ちてしまいます。

 

ひとえじゃなかったらを塗る前に、しっかり洗ってオフしておきましょう。

手順② なりたい二重幅の部分に液を塗る

なりたい二重の幅に液を塗って下さい。

 

筆を目尻側に寝かすように目頭から描くと描きやすいですよ。

手順③ 5~10秒程乾かしてY棒でプッシュ

乾きかけが一番粘着力が強くなりますし、思った通りの二重にしやすくなります

 

必ず塗った後は少し乾かしてからY棒を使うようにしましょう。

 

Y棒は力を入れすぎず、優しくプッシュして下さい。

手順④ そのまま5秒ほどキープして離す

二重のシワを作った後はそのまま5秒ほどキープしてからY棒を離しましょう。

 

しっかりと接着でき、持続力のある二重まぶたになりますよ。

ひとえじゃなかったらの効果的な使い方

ひとえじゃなかったらは二重にメイクするだけでなく二重にクセ付けする効果も高く、99.3%もの人が効果を実感しているといいます。

 

そんなひとえじゃなかったらですが、より効率的に二重のクセ付けをするためには、次のことにも取り組んでみるのがおすすめですよ。

二重にクセ付けしやすいタイプを試してみる

二重には2つのタイプがあります。

 

1つは並行型。これは目頭から目尻までがほぼ同じ幅の欧米人っぽいパッチリの二重です。

 

もう1つは末広型で、二重の幅が目頭では細く目尻に向かうにつれて広くなっていくというタイプの二重です。

 

二重というと並行型を思い浮かべがちですが、実は日本人に向いているのは末広型

 

骨格や筋肉の関係から日本人には並行型の二重にはなりにくいので、まずは末広型を目指してクセ付けをしていくと意外と早く二重の線ができるようになるかもしれません。

 

どうしても並行型になりたければ、末広型で二重になった後に二重の幅を修正するようにひとえじゃなかったらを使うと効率的ですよ。

目周りのマッサージやエクササイズも取り入れる

一重のまぶたは、脂肪むくみなどでまぶたが分厚くなってしまっています。

 

まぶたが分厚いままでは中々二重のシワも入りにくくなってしまいますので、目の周りのマッサージエクササイズで血行不良を改善したり脂肪を落としたりということは有効です。

マッサージ

目回りの血行不良は、温タオルで目元を温めるだけでも違ってきます。

 

指圧でマッサージをする場合は、目頭から目尻にかけての目周りりの骨を人差し指で軽く押すようにしてマッサージするとよいですよ。

 

ほかにも、疲れ目に効くマッサージをすると、目周りの血行がよくなってむくみの改善に繋がります。

エクササイズ

エクササイズは、眉を大きく上に持ち上げたりしかめたりするというものや瞬きの回数を意識して増やすという方法があります。

 

「1日30回眉の上げ下げをする」や「1分間瞬きの回数を増やす」など、少しずつでも取り組んでみると違ってきますよ。

 

こういったまぶた周りの筋肉を動かす以外にも、上下左右をみる眼球の運動も目周りの血行の改善に繋がりますのでおすすめです。

ダイエットに挑戦してみる

二重のクセ付けをするためには、マッサージやエクササイズだけでなく基本的な脂肪も減らしたいところです。

 

特に「ちょっとお肉がついているな」という自覚がある人は、毎日の食事や運動を見直して健康的な生活ができるようにしましょう。

 

目の上の脂肪を落とすだけでなく、身体全体が引き締まってキレイになったら最高ですよね。

効果的に使うために注意する事

最後に、ひとえじゃなかったらを効果的に使うための注意をまとめてみました。

まぶたが濡れている状態で使わない

まぶたが濡れていると、接着する力が弱まってしまいます。

 

お風呂上がりはもちろん、汗などもきちんと拭き取り&乾かしてから使用するようにしましょう。

使うのは必ずメイクの前

メイクをしてからひとえじゃなかったらを使うと、アイシャドウやファンデーションの粒子が邪魔をして上手く貼り付けることができなかったり持続力が落ちたりしてしまいます。

 

ひとえじゃなかったらは必ずメイクの前に使うようにしましょう。

 

まぶたに余分な皮脂がついている場合も粘着力が落ちてしまうので注意してください。

まぶたをこすらない

ひとえじゃなかったらの使用中は、つけている時はもちろんオフする時にもまぶたをこすらないようにするのが鉄則です。

 

つけている時にゴシゴシしてしまうと崩れてしまいますし、粘着力に優れたアイテムですのでまぶたが傷ついたり炎症の原因になったりすることもあります。

 

また、オフする時にも強く引っ張ったりこすったりすると、折角クセ付けできていたまぶたもリセットされてしまう可能性も・・・。

 

お湯で簡単に落ちますので、サッと洗い流して落とすようにしてください。

1度につけすぎると肌荒れの原因に!

ひとえじゃなかったらはお肌への安全性に気をつけて作られていますが、つける量が多すぎた場合は肌荒れの原因になってしまいます。

 

つければつけるほど効果があるというものではありませんので、つける時には適量を使うようにして下さい。

1~3ヶ月続けてみましょう

ひとえじゃなかったらは、数日~数週間で結果が出るような商品ではありません。

 

二重自体、目の周りの筋肉や贅肉、表皮などと密接に関係しているので、効果を感じるためには少なくとも数ヶ月単位で使用する必要があります。

 

公式販売サイトでは、ひとまず1~3ヶ月間継続することをおすすめしています。

 

ただ、ひとえじゃなかったらを使っている期間もメイクで二重効果を得られますので、美容液などよりも続けやすそうです。

 

公式販売サイトの定期コースの場合、じっくりと使ってみても効果がないようなら返金保証もついていますので、もしもの時は利用してみるとよいですよ。

 

ひとえじゃなかったらの口コミはこちら>>

 

ひとえじゃなかったらの公式サイトはこちら