ケナクス(KENAX)の使い方!より効果を得る為の注意点!

      2018/09/27

ムダ毛に塗るだけで、誰でも簡単にムダ毛処理ができると話題の除毛クリーム「KENAX(ケナックス)」。

 

しかし、そんなケナクスを使用しても、ムダ毛ケアが上手くいかないという方も時々おられます。

 

そこで今回は、ケナクスをより効果的に使うためのコツや、除毛ケアに失敗しないための注意点についてまとめていきたいと思います。

 

ケナクスは全額返金制度があります!返金の方法と手順はこちらをチェック!

ケナクスの返金方法と手順

 

定期購入の解約方法はこちらをどうぞ!

ケナクスの解約方法

 

ケナクスの一般的な使い方

ケナクスは基本的に、ムダ毛の気になるところに塗って放置し、その後でティッシュなどで拭き取り、シャワーで流すだけです。

放置時間の目安は5~10分で、ムダ毛がうねってきたら除毛完了のサインです。

 

冷たい水だとお肌に除毛成分が残ってしまったり、熱いお湯だと刺激が強すぎる場合もあるので、シャワーはぬるま湯にして洗い流しましょう。

ムダ毛処理をした後は、肌トラブルのリスクを最小限に抑えるために、化粧水や保湿クリームなどで保湿ケアを行うのが吉です。

ケナクスの効果的な使い方

ムダ毛が見えなくなる程度が適量

ケナクスの除毛クリームはできるだけたっぷりと塗るようにした方が、除毛効果は高くなります。

 

クリームの量が少ないと、除毛ムラができてしまったり、きちんとムダ毛が抜けてくれない可能性もあります。

 

ケナクスはムダ毛が隠れるくらいにしっかり塗って、除毛成分がムダ毛全体行き渡るようにしましょう。

タオルの方が処理しやすい

ケナクスのクリームを拭き取る時、ティッシュで行うとクリームでツルツル滑ってしまい、少し拭き取りがしにくいこともありますが、そんな時はタオルで拭き取るのがオススメです。

 

ただし、ムダ毛が付いたタオルは洗ってもなかなかキレイにできないので、捨てても良いタオルで拭き取ると良いでしょう。

放置時間を長めに取る

ムダ毛の濃い部分、一度ではなかなか除毛できないようなムダ毛には、ケナクスを塗って置いておく時間を少し長めに取っても良いです。

 

ただし、放置時間が長い程、肌への負担も蓄積されていくので、お肌の様子を見ながら慎重に使用するようにして下さい。

前もって少しムダ毛を処理しておく

ムダ毛が濃く除毛に時間がかかるようなところは、ケナクスを使用する前に少しムダ毛を処理しておけば、除毛にかかる時間を短縮できます

 

この時、お肌を傷つけてしまうことがあるので、毛抜きカミソリは使わないようにし、ハサミなどでムダ毛を短く刈ってからケナクスを使用するのがオススメです。

ムダ毛が無くなってもしばらくは続けよう

ケナクスを使用してツルスベ肌になっても、抑毛ケアのためにしばらくはケナクスを使い続けるようにしましょう。

 

一度ムダ毛がきれいに無くなっても、しばらくするとポツポツと生えてきてしまいますが、それをまたケナクスで何度か処理していくと、ムダ毛そのものが生えにくくなっていきます。

 

効果的に使うために注意する事

最後に、ケナクスで除毛ケアに失敗してしまわないためのポイントについて書いていきたいと思います。

肌を強く擦るのはNG

ケナクスをティッシュなどで拭き取る時に、力を入れてゴシゴシ擦ってはいけません。

 

除毛ケア後のお肌は除毛剤により弱くなっているので、刺激を与えるとシミや肌荒れなどの肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。

 

そのため、ケナクスを拭き取る時は、できるだけ優しく、クリームだけを拭き取る感覚で行うと良いでしょう。

同じ場所に連続使用しないこと

ケナクスで除毛ケアを行う時は、「昨日はすね毛に使ったから、今日は腕に使おう」など、同じ場所に連続使用しないように使っていくのがベストです。

 

ケナクスにはお肌を保護する成分も配合されていますが、やはり毎日同じ場所に使用していると、負担が蓄積されてお肌が弱くなってしまうこともあります。

 

ですので、ケナクスを同じ場所に使用する時は、数日程度お肌を休ませてから繰り返し使用していくようにして下さい。

傷のあるところには使わないこと

お肌に傷や吹き出物がある場合、除毛成分が沁みて痛かったり、炎症化膿を起こしてしまう危険性があります。

 

そのため、ケナクスは傷や吹き出物などがあるところへは使用しないようにして下さい。

お肌の弱い方は放置時間を短くする

ケナクスの成分はお肌に優しく、ヒリツキ痛みなどを感じることはほぼありません

 

しかし、お肌の弱い方は普通よりも肌トラブルに繋がるリスクが大きいので、放置時間は少し短めにして使用することをオススメします。

パッチテストをしよう

ケナクスの成分がお肌に合わない場合もあるので、同品を使用する前には必ずパッチテストを行いましょう。

 

パッチテストはお肌の薄いところで行い、クリームを塗ってから24時間以内に問題が表れなければ、他の部分にも使用していきましょう。

粘膜部分に触れないように使おう

ケナクスはアンダーヘアの処理にも使用可能ですが、粘膜部分には触れないように使っていきましょう。

 

粘膜部分に触れるとヒリツキや痒みなどを起こすことがあるので、誤って付着した場合は、すぐに水で洗い流すようにして下さい。

 

ケナクスの口コミはこちら>>

返金保証付きで購入できました!

ケナクスの公式サイトへ