アイウルルの成分の危険性や副作用について徹底調査!

   

目元のシワたるみクマなどの目元の悩みを1本で解決してくれると評判なのがアイウルル

 

今までどんなアイクリームを使っても効果がなかったという人も、プルプルに潤った目元を手に入れることができたなど、高評価のレビューも多い商品です。

 

でも、そんなアイウルルの効果って本当なのでしょうか?また、気になる危険性や副作用は…?

 

アイウルルに含まれている成分に注目して調べてみました!

アイウルルの危険性

まずは、アイウルルの危険性をチェックしてみましょう。

目に入ると染みてしまう可能性も

アイウルルには保水や植物エキスの抽出のためにBGを使っています。

 

BG自体はお肌に悪影響を与えてしまう心配はないのですが、多量に目に入ってしまうと痛みを感じてしまう可能性もあります。

 

使用する時にはあまり目に入らないように気をつけて使いたいですね。

アレルギーが起きる可能性も!

アイウルルは、着色料、合成香料、鉱物油、パラペン、アルコール、グルテンなどを一切使っていない、安全性にこだわって作られた製品です。

 

そのため、お肌が敏感な人でも使いやすいですが、残念ながらお肌に合わずアレルギーが現れてしまう可能性も0ではありません

 

アイウルルにはヒマワリ油が含まれていますが、ヨモギアレルギーの方はごく稀にかゆみやピリッとしたお肌への刺激が現れてしまうそう。

 

また、アーモンドエキスにはニッケルが多く含まれているので、金属アレルギーの方は注意した方がいいかもしれません。

 

心配だという人は、使用前には念のため目立たない場所でパッチテストをするのがおすすめです。また、異常があった場合はすぐに使用をやめ、皮膚科を受診するようにしましょう!

アイウルルで副作用の報告はある?

アイウルルを使って副作用やトラブルが起きた人がいないかを調べてみましたが、頭痛や吐き気などはもちろん、かゆみなどのお肌へのトラブルがあったなどの話もありませんでした。

 

流石、安全性にこだわっている製品ですね。

 

ただ、敏感肌の人の中には、アイウルルを使って「目の周りがカサカサになってしまった」というレビューも。

 

そういったトラブルも使用をやめたらすぐに改善できたようですので、心配しすぎることはなさそうです。

アイウルルに配合されている成分

それでは、アイウルルにはどのような成分が含まれているのでしょうか?安全性を確認するためにも、購入前にチェックしておきましょう!

純粋生レチノール

レチノールお肌の奥のコラーゲンやエラスチンの生成を促して内側からハリや潤いを与えてくれ、シワやたるみにダイレクトに効いてきます。

 

その高い効果や安全性から高級アイクリームにはよく使われている成分ですが、100%ピュアなレチノールが配合されているのは珍しいです。

 

混ざりっ気がないレチノールは、角質層への浸透力も段違いですよ。

ビタミンC誘導体

アイウルルには、リン酸アスコルビルMgパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naの2つのビタミンC誘導体が配合されています。

 

ビタミンC誘導体にはお肌の奥まで浸透してコラーゲンの合成を促す効果がありますので、身体の内側からお肌にハリを与えてくれます。

 

また、ビタミンC誘導体にはメラニンの沈着を抑えたり炎症を防ぐ効果も期待できます。

メリッサ葉エキス

メリッサ葉エキスはヨーロッパで昔から薬として使われてきた成分。

 

抗炎症作用でお肌を整える作用のほか、メラニンを生成するチロシナーゼの量を減らしたり表皮でメラニンの取り込みを抑制する等、美白効果にも期待ができます。

ゲットウ葉エキス

ゲットウ葉エキスは高級な美容成分。

 

その効果も素晴らしく、赤ワインの34倍も含まれているポリフェノールで抗酸化作用が期待できたり、ビタミンCの吸収を助けてくれたり、お肌の炎症を抑えてくれたり…。納得の美肌効果を発揮してくれますよ。

シロバナルーピン種子エキス

コラーゲンを生み出す力で注目されているのが、シロバナルーピン種子エキスたるみやシワを予防・改善する効果が期待できます。

コメヌカ油

コメヌカには保湿効果があるセラミド抗酸化作用に優れたγ-オリザノールに加え、お肌のターンオーバーに欠かせないビタミン類が豊富。お肌のキメも整えてくれます。

ヒマワリ種子油

ビタミンEが豊富なヒマワリ種子は、皮膚を柔らかくする効果や滑らかにする効果があります。また、お肌を保湿して外的環境から守る効果にも期待できます。

水溶性プロテオグリカン

近年注目されている高級美容成分がプロテオグリカン高い保水力で真皮を潤しお肌の弾力を保ちます。

アーモンドエキス

アーモンドエモリエント効果でお肌の潤いを保つことができる美容成分。炎症を抑える作用もあります。

スイゼンジノリ多糖体

淡水のりから生まれた成分スイゼンジノリは、ヒアルロン酸の5倍もの保水力があることで注目されている成分。目元の乾燥を防ぎます。

スクワラン

敏感肌の方向けに配合されていることの多いスクワランエモリエント効果に優れた成分。炎症を起こしてしまったお肌も外的刺激から守ることができます。

セラミドNG

肌表面で保湿をしてくれるのがセラミド目元に潤いとハリを与えてくれます。

メタクリル酸ステアリルコポリマー

メタクリル酸ステアリルコポリマーお肌を柔らかくし保湿してくれます。これにより、乾燥小じわを予防・改善します。

アルギニン

アルギニン肌表面で潤いを与えてくれる成分。ターンオーバーを正常に保ち、傷ついたお肌を修復してくれる効果にも期待できます。

アロエベラ葉エキス

優れた抗炎症作用で、敏感肌の方向けの化粧品にもよく使われているのがアロエベラ保湿効果も素晴らしく、ほかの保湿成分と組み合わせるとより効果がアップすることが分かっています。

シトルリン

血管を拡張して血行を促進してくれるのがシトルリン巡りをよくしてクマやむくみを防ぐことができます。

その他有効成分

アイウルルには、ほかにも配合されている有効成分がたっぷり。下記にそんな有効成分をまとめてみました!

保水・保湿効果やエモリエント効果で目元の潤いを保つことができる成分

BG、グリセリン、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)、、キサンタンガム、ダイズステロール、ミリスチン酸オクチルドデシル、ノバラ油、ジペンタエリスリチル、水添パーム核油、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、パーム核油、水添レシチン

抗酸化作用でメラニンの沈着や肌の老化を防ぐことができる成分

トコフェロール、コプチスチネンシス根茎エキス

質感の向上や乳化、安定化、品質を保つためなどの目的で配合されている成分

バチルアルコール、ジメチコン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ジステアリン酸ポリグリセリル-10、シクロペンタシロキサン、ベヘニルアルコール、パーム油、シクロデキストリン、ポリソルベート20、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

アイウルルの効果

アイウルルは、たくさんの自然由来成分を中心に作られているんですね!

 

しかも、安全性にこだわりつつも注目されている美容成分や高級な美容成分が豊富だという…。

 

最後にそんなアイウルルを使用して得られる美容効果をまとめてみました!

潤いで目元の小ジワを予防・改善!

目元の小ジワは、乾燥が原因で起こっていることも。

 

そんな目元の小ジワも、スイゼンジノリ多糖体をはじめとした豊富な潤い成分でしっかり保湿潤いをキープさせることで予防・改善に導きます。

リフトアップでハリのある目元に!

レチノールビタミンC誘導体シロバナルーピン種子エキスなどによって、お肌の奥のコラーゲンを修復し増やしていくことでリフトアップが見込め、ハリのあるお肌を手に入れることができます。

 

キュッと瞼を引き締めることで目力もアップしますよ。

どのタイプのクマも予防・改善!

たるみによって起こる黒クマリフトアップによって薄くなっていきますし、血行不良による青クマはシトルリンなどのめぐりをよくする効果で改善していく可能性が高くなります。

 

1番厄介なメラニンの沈着でできる茶クマにもアイウルルはちゃんとアプローチビタミンC誘導体や高い抗酸化作用があるメリッサゲットウコメヌカなどの効果によって美白してくれます。

 

これらの効果によって、すでにできてしまったクマも薄くしてくれますし、新たにできるクマも予防してくれますよ。

目元のむくみを予防する効果も!

アイウルルには、目元のめぐりをケアしてくれるアルギニンシトルリンが配合されています。

 

そのため、血行不良を防いでむくみを予防してくれる効果もありますよ。

 

アイウルルの口コミはこちら>>