シミトリーの成分の危険性や副作用について徹底調査!

   

シミトリーはシミやシワなどの年齢肌にお悩みの方に、非常に評価が高いオールインワンジェルです。

 

ただ、どれだけ効果が大きいとしても、直接お肌に触れるものですから、やはりお肌への刺激や副作用などには気を付けたいところです。

 

当記事では、そんな人気のオールインワンジェル・シミトリーに、副作用などのデメリットはあるのかを徹底調査しました!

シミトリーの危険性

お肌への刺激はある?

シミトリーはパラベンアルコール界面活性剤香料着色料鉱物油シリコーンといった7つの添加物が無添加となっています。

 

また、有効成分も天然由来のものばかりで、お肌に刺激があるような成分は配合されていません。

 

そのため、シミトリーは敏感肌の方にでも安心して使用できる、非常にお肌に優しいオールインワンジェルと言えるでしょう。

アレルギーには注意

無添加なので、シミトリーは化学成分による副作用などは心配いりませんが、アレルギーについては天然由来の成分でも起こる可能性はあります。

 

例えば、過去にオーガニック化粧品などでアレルギーを起こした経験のある方が、シミトリーも使用できないというケース十分は考えられます。

 

これまでに化粧品でアレルギー症状が出たことのある方は、必ず成分表をチェックし、できれば皮膚科医相談の上でシミトリーを使用するのが良いでしょう。

お肌が潤いすぎる可能性がある

シミトリーは保湿効果が高いのが一番の特徴ではありますが、これを脂性肌の方が使用すると、お肌が潤いすぎてベタつきを感じる場合があります。

 

また、余分な薬液が毛穴に詰まってしまい、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすこともあるかもしれません。

 

お肌がベタつく場合は、その部分が潤いすぎている可能性が高いので、その部分はコットンで少し押さえてあげることをオススメします。

品質が劣化しやすい?

シミトリーにはパラベン(防腐剤)が含まれていませんので、いい加減に保存をしておくと、品質が劣化してしまうことがあります。

 

品質の劣化を防ぐため、シミトリーは高温多湿を避け、冷蔵庫などで保管をし、薬液を取るときは必ず付属のヘラを使用するようにして下さい。

 

なお、同品はナマ物では無いので、効果が低下してもお肌に悪影響は及ばない可能性が高いですが、やはりお肌に直接付けるものなので、品質監理は徹底したいところです。

シミトリーで副作用の報告はある?

これまでにシミトリーを使用して、お肌や健康に重大な悪影響があったという例はありません

 

ただし、ジェルを沢山塗りすぎてお肌がベタつくという話は多く聞きますので、同品を使用する量やタイミングは、自分の肌質に合わせて適切に行うことを心がけて下さい。

シミトリーに配合されている成分

フラバンジェノール

プラセンタの10倍、ビタミンCの600倍、さらにコエンザイムQ10の250倍という美白・美肌効果があることで注目されている成分です。

 

同成分はフランスの海岸松から抽出された成分で、松が強い日差しから木を守るために蓄積した、沢山のポリフェノールが含有されています。

 

この成分によってお肌の老化(酸化)を防ぎ、お肌の再生力と抵抗力を高めて、いつまでも白く美しい美肌を保つことが可能となります。

ハイドロイノン誘導体

ハイドロイノンとは漂白剤の一種で、薬局などでもこの成分を配合した美白剤が販売されていますが、ハイドロイノン誘導体はハイドロイノンと似た働きを持つ、アルブチンという全く別の成分です。

 

ハイドロイノンは肌に沈着した色素を直接脱色するため、白斑や肌荒れなどの肌トラブルに繋がる危険性があり、実際に様々な事故も発生しています。

 

対してハイドロイノン誘導体は、シミの原因となるメラニン合成に作用し、シミの発生を抑える成分であり、高い美白効果安全性を両立した画期的な美容成分なのです。

シミトリーが安全な理由

無添加だから

化粧品の多くはその美容成分よりも、その商品に添加される化学成分による副作用がトラブルの多数を占めています。

 

シミトリーにはこのような化学添加物が含まれていませんので、化粧品における副作用リスクのほとんどは、この時点でクリアできていると言えるでしょう。

刺激からお肌を守ってくれるから

ハイドロイノン誘導体はお肌への優しさが一つのメリットではありますが、やはり単体だと体質によっては多少の刺激はあるものです。

 

しかし、フラバンジェノールをはじめ、セラミドオリーブオイルシア脂などの保湿成分が、お肌を刺激から守る水分のバリアを形成します。

 

これによって一部成分の刺激からお肌を保護するとともに、潤いが硬くなったお肌を柔らかくして、お肌のターンオーバーを助けてお肌を健康に保ってくれるのです。

医薬部外品だから

医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間に当たるもので、厚労省に認可されていないと、製造販売が行えない商品です。

 

医薬部外品を定める法律は規定が厳しく(日本は世界トップレベル)、この条件をクリアしているシミトリーも、一定以上の安全性が認められていることになります。

 

シミトリーを使用した人の口コミ>>

14日間返金保証付きで購入できました!