ソーフェイスの効果的な使い方

   

お風呂後のボディピーリングやローションで話題になっているのが、ソーフェイス

 

潤いを与えてくれるスキンケア成分以外にも脂肪を燃焼させる効果むくみを改善してくれる効果がある成分も配合されているから、1つのシリーズを使うだけで理想のボディを手に入れることができるのです。

 

しかも、使用時間はたったの10分でOKとお手軽。それは人気にもなりますよね。

 

今回はそんなソーフェイスを効果的に使用する方法をリサーチしてみました!

ソーフェイスの一般的な使い方


まずは、公式サイトで紹介されているソーフェイスの使い方からチェックしてみましょう。

Step1. 身体を洗った後の濡れた肌にピーリングジェルをつける

ピーリングジェルを使う時には、必ず濡れた肌に使用します。

 

体を洗った後、気になる部分にピーリングジェルをつけてください。

Step2. 気になる部分をスクラブがなくなるまでマッサージする

ピーリングジェルを伸ばし、スクラブのつぶつぶの感触がなくなるまで優しくマッサージします。

Step3. 洗い流す

ピーリングジェルのスクラブの感触がなくなったら洗い流します。

 

この時、ジェルが肌に残らないようにしっかりと流すようにしてください。

Step4. お風呂上がりの肌にローションをなじませる

お風呂から出たら、ピーリングをした場所にローションを馴染ませていきます

 

ローションは身体の場所ごとで効果的な塗り方が変わってきます

 

身体の場所ごとの塗り方は下記を参考にしてみてください。

★身体の場所ごとのローションの塗り方

・足首:踝のまわりにすり込むように塗布

・ふくらはぎ:ふくらはぎを両手で包みこむように塗布

・太もも:外側から内側にねじるように塗布

・おなか:大きな円を描くように時計回りに塗布

・背中・腰回り:背中の中心から外側へ、身体の前側に流すように塗布

・二の腕:反対側の手で肘から脇にかけて絞るように塗布

ソーフェイスの効果的な使い方

ソーフェイスの使い方はシンプル。でも、痩身効果やお肌への浸透力をアップさせたいなら、もう少しケアにこだわってみても良いかもしれません。

 

そんな効果をアップさせるオリジナルの使用方法をご紹介したいと思います。

ピーリングやローションはリンパを意識して

ピーリングやローションを付ける時には、リンパの流れを意識して付けるのがおすすめ。

 

足や腕なら指先から身体の中央に向かって、ピーリングの場合は絞るように、ローションの場合は包みこむようにマッサージしてください。

 

ソーフェイスにはキュアパッションなどリンパの流れをよくする成分がたっぷり含まれています。

 

セルライトを潰すようなイメージで揉み込むと、脂肪を燃やしやすくなるだけでなくむくみの解消効果もアップしますよ。

ローションのなじみをよくしたいなら、お風呂上がりの湿った肌につけて◎

ソーフェイスのローションはスッと伸びて塗りやすいのが魅力。

 

その塗り心地のよさや肌なじみのよさをアップさせるためには、お風呂上がりのちょっぴり湿ったお肌に使うのがおすすめです。

 

肌に残った水分と混ざってより伸びもよくなり塗りやすくなりますよ。

潤いをプラスしたいなら、ローションの上からボディクリームを使うのも◎

ソーフェイスのローションの保湿力はとても高いですが、乾燥肌の人の中には「もっと潤いが欲しい」という人もいるかと思います。

 

また、かかとや足首、膝、肘といった場所は角質が固く溜まりやすい場所な上に乾燥しやすいので気になるという人も多いのではないでしょうか?

 

そんな人におすすめなのが、ローションの後にボディクリームを使うという方法です。

 

クリームを使えば、ローションに含まれる水分や有効成分をたっぷりの油分で覆って乾燥を防ぐことができます

 

ピーリング後のお肌はデリケートなので、しっかりと保湿して守ってあげたいですね。

効果的に使うコツ

最後に、ソーフェイスを効果的に使うコツについてまとめてみました。

スクラブの感触がなくなるまでマッサージ!

ソーフェイスのピーリングジェルを使う時に気をつけたいのが、スクラブが小さくなる前に流さないようにするということ。

 

つぶつぶが小さくなるまでマッサージをしていなければ、毛穴汚れや角質を取り除く効果も減ってしまいます

ピーリング剤が残らないように注意!お湯やぬるま湯でしっかり洗い流す

ピーリングの後は、ぬるま湯でジェルをしっかり落とすのも大事です。

 

特に、パパイヤリパーゼプロテアーゼといったタンパク質分解酵素を含むピーリング剤は、残っているとお肌をどんどん攻撃して肌のバリア機能を低下させてしまう恐れがあります

 

お肌のダメージを防ぐためにも、しっかりとお湯やぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

保湿ケアにも気を配って

ピーリングの後のお肌はデリケート。そのため、ローションに含まれる水分やオイルでコーティングしなければ外的刺激に敏感になって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

「ピーリングだけして終わり」ということがないように、ローションでちゃんと保湿してあげましょう。

 

ソーフェイスの口コミはこちら>>