アスロングの危険性や副作用について!敏感肌でも大丈夫?

      2018/09/27

美しい髪を手に入れたいなら、髪にダメージを与えないノンシリコンシャンプーを使わなければなりません。

 

アスロングはノンシリコンで、しっかりと髪を潤わせることができます。ただ、シャンプーでトラブルが起きたことのある人、敏感肌の人などは、自分の髪でも本当に大丈夫なのか心配になるものです。

 

そこで、どのような危険性や副作用があるのか詳しく調べてみました。

アスロングの定期コースの解約方法はこちらをどうぞ!

アスロングの解約の方法と手順>>

 

アスロングの良い口コミと悪い口コミはこちら!

アスロングの口コミにジャンプする>>

 

アスロングの効果

髪の成長をサポート

髪の成長を促してくれる、ハーブ由来のキャピキシルという成分を配合しています。抜け毛を防ぎ、髪の元となる細胞を活性化させる効果が期待できます。

 

さらにリンゴの幹細胞エキスを加えることにより、髪のターンオーバーを正常化させます。

保湿力を維持する

卵から抽出された美容成分である加水分解卵殻膜には保湿成分が含まれているため、頭皮はもちろん、ハリやコシのある若々しい髪を維持することができます。

 

加水分解卵殻膜は、髪本来が持つアミノ酸構成とほぼ同じ組成のため、すばやく髪になじむのが特徴です。

アスロングの危険性

アレルギーが生じる可能性

髪に優しい成分が中心で、安心して使えるイメージのアスロングですが、全ての人に適しているとは限りません。

 

含まれている成分が肌に合わない場合、さまざまなアレルギーが生じる可能性もあるのです。

 

もちろん、危険性の高い物質は使われていないため、重大なアレルギー症状を引き起こすことは考えにくいのですが、何らかのアレルギーを抱えている人は注意が必要になります。

 

特に、髪を補修する成分として配合されている加水分解シルクは、シルクに対するアレルギーがある人には適していません

 

気になる場合は、いきなり大量に使うのを避けて、少量から始めるとよいです。そこでアレルギー反応が見られなければ、安心して使うことができます。

香りの問題

アスロングには香り成分が配合されていて、アレルギーにつながる可能性があります。シャンプーに配合されている成分は、全てが記載されているとは限りません。

 

とはいえ、アスロングの場合は人工的な香りがついているわけではなく、天然由来のものが中心となっています。

 

一般的には、それほど神経質になる必要がないのですが、使用量に気をつけることが望ましいといえます。

アルコールに弱い人は要注意

防腐剤としてフェノキシエタノールが使われていて、アルコールに弱い人は注意が必要です。

 

さまざまな商品に使われることがある防腐剤にはパラベンが挙げられますが、フェノキシエタノールはパラベンに代わるものとして配合されています。

 

パラベンと比べると安全性が高い成分ですが、アスロングを使っていて痒くなったり、肌に異変が見られたりしたときは使用を中止することが望ましいです。

 

重大なアレルギー症状につながることは、ほとんど考えられません。

発がん性物質も含まれている

発がん性物質に分類される成分も含まれていることに注意が必要です。ただし、発がん性物質といっても危険性が高いわけではありません。

 

発がん性物質が含まれるからといって、すぐに何らかのがんになることはないのです。発がん性物質にもいろいろな種類があり、アスロングの場合、コミカドDEAという物質が成分安定の目的で配合されています。

 

乾燥肌だと炎症のリスクあり

シャンプーとしての洗浄力を高めるために、ラウレス硫酸ナトリウムという物質が使われています。

 

しっかりと汚れを落とすには泡立ちを良くする必要があり、ラウレス硫酸ナトリウムがその役割を担っているのですが、肌が乾燥しやすい人にとってはトラブルの可能性があるのです。

 

ノンシリコン処方によるダメージ

シリコンで髪をコーティングしないため、摩擦と熱に弱いという弱点があります。毎日ヘアアイロンやコテを使用する方、屋外で多くの紫外線を浴びる方、静電気が起きやすい方には注意が必要かもしれません。

 

頭皮にシリコンを付着させないため、敏感な肌には優しくても、環境によっては髪を痛めてしまう危険があります。

ニキビができる

高い保湿力と浸透力を誇るアルガンオイルですが、ニキビの元となるアクネ菌が好む「オレイン酸」が含まれているため、ニキビができてしまう可能性もあります。

 

ただし、元からあるニキビが治るという方も。肌との相性次第のため、オレイン酸でニキビが発生しやすい肌質を持つ方には注意が必要かもしれません。

オイルの劣化

ノンシリコンシャンプーであるアスロングは、アボガド・アルガンオイルによって保湿力を高めています。即効性のある保湿成分ですが、持続性については弱いことも。オイルは酸化を起こすため、手触りが悪くなり、匂いが発生しやすくなることもあります。

 

毎日キチンとシャンプーできるのであれば問題ありませんが、時間がたつほどにオイルが劣化するため、毎日髪を洗えない場合には、頭皮と髪に悪影響を及ぼす危険があります。

アスロングで副作用の報告はある?

アスロングを使用した方から副作用について調べてみましたが、そのような報告を見つけることはできませんでした。

 

アスロングは石油由来の成分を排除し、天然の植物由来成分にこだわったオーガニックシャンプーのため、化学成分のような強い副作用に悩まされる方はいないようです。

 

実際に使用し、「敏感肌でも問題なかった」という声はあるものの、トラブルを起こした事例についてはあげられていません。商品そのものに危険性を感じた方はいないようです。

何故安全なのか?

天然由来の成分だから安心

アスロングが安全だといえる最大の理由は、天然由来の成分が厳選されていることです。余計な添加物が使われていると、それだけ肌トラブルのリスクが高まります。

 

頭皮や髪を傷めない配慮がなされているアスロングなら、多くの人が安心できるわけです。

自然に髪を伸ばせる

何もしなくても、ゆっくりと髪は伸びていきます。そのため、シャンプーなどで伸ばそうとするのは強引なイメージがあるものです。

 

しかし、アスロングは自然に伸ばすことを意識して作られています。毎日の洗髪時に栄養を行きわたらせ、健康な髪を作り出すことができるのです。

 

医薬品レベルの製法で作られている

アスロングはそもそも医薬品ではないため、副作用と呼べるほどの強い作用が働くことはありません。

 

ただし、医薬品レベルの水準で製造管理され、高品質を保つために国内工場にて徹底した検査が行われています。

 

安全性にこだわった製法と天然由来の成分を多く配合した、敏感肌の方でも安心して使用できる無添加シャンプー&トリートメントです。

ラウレス硫酸Naを配合

ラウレス硫酸Naは洗浄力があるため、シャンプーに配合されている場合には避けた方がいい成分ともいわれています。ですが、洗浄力のない成分のみでは、頭皮や髪の汚れを取り去ることはできません。

 

洗浄力が高いけれど、肌トラブルを起こしやすいラウリル硫酸Naを改良した成分がラウレス硫酸Naです。肌の奥まで浸透させないため、肌表面の汚れをとりながらも、刺激を与えない特徴があります。

 

洗浄力を必要としながらも肌への優しさを求める方には、ラウレス硫酸Naとオーガニックエキスを配合したアスロングのシャンプーが最適かもしれません。

危険性を考慮した配合がされている

ノンシリコンであることから、熱や摩擦に弱い髪質を作る危険がありますが、熱に強いアボガドオイルを配合することにより、ドライヤーなどの熱から髪を守る働きを補足しています。

 

オイルによる酸化も心配されますが、抗酸化作用のあるトコフェロールを配合することにより、頭皮や髪を酸化から守ることも。同時にニキビへの予防作用もあるため、アルガンオイルによるニキビの発生が気になる方にも安心できる配合かもしれません。

 

優れた成分にはメリットもある代わりにデメリットもあるもの。ですが、デメリットを解消させる成分をバランスよく配合することにより、危険を回避する安全性の高いシャンプーを作りあげています。

 

アスロングには副作用の事例が見つからないことから、危険性はかなり低いと考えられます。些細なトラブルの報告が見つからないことからも、良質な素材を厳選し、適量に配合されている商品といえるでしょう。

アスロングの口コミはこちら>>