アイキララの使い方!より効果を得る為の注意点!

      2018/05/07

目の下専用という一風変わったスキンケアクリーム「アイキララ」は、ネットの口コミに極めて多くの評価の声が寄せられています。

 

そんな目元のお肌のお悩みに高い信頼感のあるアイキララですが、どうせなら出来るだけ効果的に使用していきたいところです。

 

そこで今回は、アイキララの効果を最大限に引き出すための秘訣について、皆さんに分かりやすくご紹介していきたいと思います!

アイキララの解約方法

アイキララの返金方法

アイキララの一般的な使い方

アイキララはいつもの洗顔後のケアを行う時に、化粧水を使用した後、乳液をつける前に目の下にクリームを使用していきます。

アイキララの使用手順

①薬指でクリームを目の下のお肌に馴染ませる

初めにアイキララのクリームを片方ワンプッシュずつ薬指に取り、目の下をトントンと軽く叩くようにしながらクリームを馴染ませていきます。

②クリームを目の下に延ばし広げる

クリームがお肌に馴染んできたら、目の中にクリームが入ってしまわないように注意しながら、目の下に顔の外側に向かってクリームを延ばしていきます。

③手のひらで優しく包んで完了!

クリームを満遍なく延ばしたら、手のひらでクリームを塗った部分を優しく包み、有効成分をお肌に浸透させればケアは完了です。

 

後は普段通りに乳液や保湿クリームでケアをしていきましょう。

アイキララの効果的な使い方

ここでは、アイキララをより効果的に使用していくための、私オリジナルのアレンジ方法をご紹介していきます。

アイキララで目の下をパックしてみる

アイキララは保湿作用によってお肌のハリやキメを整えて、目元のお肌の悩みを解決していくという商品なので、その保湿成分を最大限にお肌に取り込もうという試みです。

 

あまり沢山塗りすぎるとまばたきをしたときに睫毛に付いて目に入ってしまう事があったので、クリームを目頭や目尻から少し離して塗っていくのがコツです。

 

クリームを塗って5分ほど置いてからお肌に馴染ませた後に、余分なクリームはコットンなどで拭き取って下さい。

目の下をホットタオルで温めてからアイキララを塗る

アイキララにも配合されている保湿成分は、毛穴が開いた状態でお肌につける事で浸透力が上がるそうです。

 

また、目元の血行を良くするとお肌のターンオーバーの働きも活発になる他、汚れた血液が排出されてクマの解消にも繋がるので、アイキララを使用する前にホットタオルで目元を温めておくのが非常に効果的です。

 

ホットタオルを用意するのが面倒な方は、市販されているホットアイマスクなどを使用するのも非常におすすめです。

眼球のエクササイズで目元のシワを解消!

目元のシワやたるみのケアには、眼輪筋という目の回りにある筋肉を鍛える事が大切です。

 

この眼輪筋は目尻と目頭を指で押さえながら、眼球を上下左右に大きく動かすだけで簡単にトレーニングが可能です(10回1セット程度でOK)。

 

アイキララを使ってお肌に必要な水分や栄養素を補った後は、眼輪筋のエクササイズで目元美人を目指しましょう。

効果的に使うために注意する事

ここでは、アイキララの効果をしっかりと引き出すために、必ず押さえておきたいポイントについて解説を行っていきたいと思います。

クリームを塗る前に洗顔をしっかり行う事!

アイキララにはお肌の健康を高め、目元のお悩みを解決してくれる成分がたっぷりと含まれています。

 

これらの成分は毛穴から吸収されてお肌の内部に浸透していくものなので、毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まっていると、アイキララの効果が十分に発揮されません。

 

アイキララを使用する前には必ず化粧を落としてお肌と毛穴の汚れを洗い流し、清潔な状態でお肌に塗っていくようにしましょう。

目の周りを強くこすらない・引っ張らない

美肌にはお肌のマッサージが有効と言われる事も多いですが、目の周りのお悩み対してはあまり効果的では無いようです。

 

目元の皮膚は他の部分よりも薄く、強くこすったり引っ張ったりしてしまうと、お肌の乾燥やシワ・シミに繋がったり、毛細血管が傷付いてクマの原因となる場合もあります。

 

そのため、アイキララを使用する場合には出来るだけ優しくお肌に馴染ませるようにし、素人のマッサージなどは控えるようにしましょう。

保湿ケアはしっかりと行う事!

アイキララにも保湿成分がたっぷりと配合されていますが、同品を使用した後に乳液や保湿クリームなどで蓋をしてあげる事で、より保湿効果が高まってくれます。

 

目の周りは特に乾燥しやすい部分ですので、アイキララ使用後の保湿ケアは出来るだけしっかりと行うように心がけましょう。

油分の多い保湿化粧品とは併用しない事

メーカーの報告によれば、オールインワンジェルなどのケア商品には油分が多く含まれているものが多く、油分がアイキララの成分を弾いてお肌への浸透を妨げてしまう事があるそうです。

 

そのため、オールインワンジェルなどの油分の多い化粧品を使用する場合には、アイキララを使用する前にお肌につける事は避け、アイキララ使用後の保湿ケアのみに使用していきましょう

 

アイキララの口コミはこちら>>