アイキララの全額返金の方法と手順

      2018/09/27

アイショットクリームとしては絶大な高評価を誇るアイキララの人気の秘密には、同品に全額返金保証が付いているという部分も大きいのではないかと思います。

 

しかし、そんな返金保証も実際にちゃんと返金が出来なければ意味がありません。

 

そこで本当にアイキララは返金してもらえるのか、私が実際にアイキララの返金手続きを実際に試してみました!

アイキララの返金保証の条件

アイキララの返金保証を受けるには一定の条件を満たしておく必要があります。

 

いざというときに返金出来ないとなったら困りますので、以下に上げた条件をこの機会にしっかりとチェックしておきましょう。

条件①商品到着から25日以内であること

アイキララ全額返金保証の適用期間は、商品が手元に到着してから25日以内となっており、期限を過ぎて申請したものは保証の対象外となってしまいます。

条件②15日以上使用していること

アイキララの返金保証は「商品の品質や効果に満足出来なかった人」を対象としたサービスですので、最低でも15日以上、しっかりと商品をお試しした人でなければ保証を受ける事が出来ません。

条件③継続期間の縛りが無い購入プランであること

返金保証を受けられるのは、継続期間の規定が無い単品購入お試しコースのお申し込み分のみで、基本コースや年間購入コースの場合は対象外となります。

条件④初回購入であること

全額返金保証の対象となるのは初めてアイキララを購入された人限定となっており、これまでにアイキララを一度でも購入された経験のある人は、返金を受ける事が出来ません。

アイキララを実際に返金してみました!手順を紹介

ではここで、私が実際にアイキララの返金保証を受けた時の手順についてご紹介していきたいと思います。

手順①公式サイトのマイページにログインする

北の快適工房」公式サイトのアイキララの商品ページの最下部から「定期専用マイページ」に入り、購入時に登録したメールアドレス電話番号を入力してログインを行います。

手順②専用フォームに返金用口座の入力を行う

マイページにログインしたら「全額返金保証について」の項目をクリックし、専用フォームに必要事項を入力します。

手順③商品パッケージを返送する

専用フォームへの入力が完了したら、次はアイキララの商品パッケージ(空もしくは使いかけの容器)をメーカーへ返品します。

 

送料は自己負担、必ず配達記録が残る方法で返送を行うようにしてください。

 

返品が問題なく完了すれば、翌月末に指定口座に購入代金から送料・支払い手数料が引かれた金額が振り込まれます。

返金の時に必要な物

アイキララの返金申請に必要なものは、商品が入っていたパッケージ(容器)のみです。

 

その他の添付物は不要で、商品は使い切ってしまっていても問題ありません。

 

なお、未開封のものは返品出来ませんので、商品は必ず使用したものを返品するようにしましょう。

返金する時に注意する事

最後に、アイキララの返金を受ける際に注意しておく事柄について触れていきたいと思います。

ポスト投函による返品はNG

配達記録の残らないポスト投函による返品の場合、返金保証が受けられない場合もあるようです。

 

例えば保証期限内に返品が完了しなかった場合や、配送トラブルによりメーカーに返品物が届かなかった場合などはまず返金を受け付けてもらえないため、配達記録の残らないポスト投函はNGです

返金を受けると定期コースも解約されてしまう

アイキララの効果や品質に満足出来なければ返金保証を受ける事が可能ですが、その場合は同時に現在加入している定期コースの契約も解除されてしまいます。

 

一度定期コースが解約されると、再び同じ購入プランを選択出来ないコースもありますので、返金を受ける場合はしっかりと考えてから申し込みを行うようにしましょう。

未成年者は返金保証の手続きが出来ない

アイキララの定期コースに未成年者が申し込みをする場合、必ず保護者の方の同意が必要となります。

 

返金の場合もそれと同じく未成年者が手続きを行う事は出来ません。

 

万が一、未成年者が保護者及びメーカーの了承無く定期コースの購入や解約を行った場合には、違約金などが発生する可能性もあるので十分注意して下さい。

返金が受けられるのは商品1個まで

アイキララは一度に複数個の購入を行う事が可能ですが、返金保証の対象となるのはその内1つまでとなっています。

 

保証期間内であっても2つめ以降の商品は返金してもらえませんので、初めての購入の場合はまず1個からお試ししてみるのが良いでしょう。

外部通販サイトから購入したものは返金対象にならない

アイキララは楽天やAmazonなどの通販サイトからも購入が可能ですが、これらの外部通販サイトから購入したものは返金保証の対象になりません。

 

楽天などにはアイキララの公式ショップなども存在しますが、返金を受けられるのは公式サイトでマイページ登録をして購入したものだけとなります。

アイキララの解約方法

 

アイキララの口コミはこちら>>